山形県バス協会からのお知らせ

山形県バス協会では、事故防止対策、マナー向上、環境対策に
重点的に取り組んでおります。

バスの車内事故防止についてのお願い

I. 実施期間 令和2年7月1日(水)~7月31日(金)
II. 重点項目
1.一般乗合バス(高速バスを除く。以下「一般乗合バス」という。)
 (1) ゆとり乗降の啓発・ゆとり運転の励行
 (2) 停留所発進時における安全基本動作の徹底
2.貸切、高速、リムジン(空港連絡)バス等(以下「貸切、高速バス等」という。)
 (1) 乗客へのシートベルト着用の徹底
 
 ただいま、走行中のバス車内での事故を防止するため、「車内事故防止キャンペーン」を実施中です。
 走行中に席を離れると、転倒などにより思わぬけがをする場合があります。お降りの際は、バスが停留所に着いて完全に止まってから席をお立ち願います。
 また、バス安全運転に徹しておりますが、やむを得ず急ブレーキを掛ける場合があります。満席のため、お立ちになってご利用いただく場合には、吊革や握り棒にしっかりおつかまり下さい。
 バスの車内事故防止に皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。
詳しくはこちらをご覧ください。((公社)日本バス協会)

▲ ページ先頭へ戻る

©2008 Yamagata bus Association. All Rights Reserved.